インフルエンザに感染したと思ったら病院で検査!インフルエンザの検査から治療薬のタミフルやリレンザの飲み方について

インフルエンザかなと思ったら症状がひどくなる前に病院に行くのがベストです。症状が出てから48時間が断つと正確な検査結果が得られません。風邪かインフルエンザかなかなか判断がつきにくいと思いますが、身近に感染者がでた場合はすぐに病院で検査をしてもらいましょう。ここではインフルエンザの検査から治療薬のタミフルやリレンザについて紹介しています。

*

病院でインフルエンザの検査を受ける

病院で行うインフルエンザの検査方法は?

インフルエンザウイルスは、感染力が非常に高いウイルスです。

特に、冬はインフルエンザの感染が爆発的に拡大します。体調が悪くなれば、インフルエンザの可能性を考慮し、病院に行きましょう。

特に、家族に小さな子供や高齢者の方がいる場合は、注意が必要です。抵抗力の弱さから、重篤な結果を引き起こす危険性があります。

また、インフルエンザに罹患しているのに、学校や会社に行ってしまうと、感染を拡大させる危険性があります。

インフルエンザの検査方法は、鼻の奥に綿棒を入れて、サンプルを抽出する方法です。

ただし、検査を受ける際には、症状が出てから12時間以上時間が経過していないと、正しい結果を得られません。

いつ症状が出てきたのかを、なるべく正確に担当医の先生に伝えるようにしましょう。

費用に関しては、インフルエンザの検査は、1回目は保険が適用されます。費用は3割負担で、1700円ほどです。

しかし、2回目以降になると保険適用外です。症状が出た時間から、検査を受けるタイミングが合っているかどうかを判断しましょう。

インフルエンザの検査で病院に行くタイミングは?

インフルエンザの検査が出来るのは、症状が出てから12時間後です。

しかし、症状が出てから48時間を経過してしまうと、インフルエンザの正確な検査結果が出せません。

したがって、インフルエンザの検査で受診するタイミングは、症状が出てから12時間後、48時間未満です。

症状がひどいと、病院で受診することもままならないという場合も考えられます。

しかし、インフルエンザ治療薬は、症状が出てから48時間以内に服用しなければなりません。病院へ行く機会を逃すと、それらの薬剤が服用出来ないのです。

また、インフルエンザの潜伏期間に関しては、1日から3日です。

ウイルスに接触してからわずか1日で症状が出てきてしまう場合もあるので、急な体調の変化に戸惑ってしまうかもしれません。

しかし、病院に行かずに寝込んでしまうと、適正な投薬のチャンスを逃してしまいます。

発症から12時間後に病院で受診し、インフルエンザの確定診断をしてもらうようにしましょう。

また、その間家族などに罹患しないようにマスクの着用、手洗いは必ず行う必要があります。

インフルエンザの治療薬タミフルの飲み方

毎年11月の下旬頃から流行するインフルエンザですが、治療薬がいくつかあります。

インフルエンザ治療薬では、タミフルが有名です。

タミフルの効果は、ウイルス増殖の抑制です。ウイルスの増殖が抑えられると、短期間で回復したり重症化を防げたりします。

したがって、タミフルはインフルエンザを治すための薬ではないのです。服用したからといって、ウイルスを撃退するような効果は得られません。

タミフルは、インフルエンザ発症後8時間以内に服用しましょう。48時間でウイルスの増殖がピークを迎えてしまうので、それ以降に飲み始めても効果が薄いです。

また、タミフルは、5日間しっかりと服用することが重要です。インフルエンザの症状が改善しても、ウイルスが体内から消え去ったわけではありません。

タミフルは、5日間の服用期間を守らなければ、効果を発揮できません。

途中で服用をやめてしまうと、インフルエンザが再発します。また、耐性のあるウイルスが新たに誕生する可能性があるので、用法用量は守りましょう。

インフルエンザの治療薬リレンザの飲み方

タミフルの次に有名なインフルエンザの治療薬は、リレンザです。

リレンザは、A型とB型のインフルエンザに効果を発揮します。

タミフルは粉薬や錠剤なのに対して、リレンザは粉末吸入薬です。

リレンザの飲み方は、専用の吸入器から出るお薬を口から吸います。リレンザは、呼吸器からインフルエンザを治療する薬なのです。

気道の粘膜は、非常にウイルスが増殖しやすい部分です。しかし、リレンザは、気道に直接薬剤が届くので、即効性が期待できます。

リレンザの服用期間は、1日2回を5日間です。

副作用が出にくい治療薬なので、子供も安心して服用できます。

1回で2つ分のブリスターを吸入することになるため、1回あたりの用量は合計で10mgです。

用量は、リレンザが服用できる年齢なら、子供から大人まで同じ用量です。飲み忘れたり途中でやめてしまうと、落ち着いていたウイルスが活発化し、インフルエンザが再発します。この点に関してはタミフルと同じなので、必ず5日間という服用期間を守りましょう。

リレンザは、用量と用法を守って飲み続ければ、インフルエンザを早期に治療できるのです。

公開日: