インフルエンザに感染したと思ったら病院で検査!インフルエンザの検査から治療薬のタミフルやリレンザの飲み方について

インフルエンザかなと思ったら症状がひどくなる前に病院に行くのがベストです。症状が出てから48時間が断つと正確な検査結果が得られません。風邪かインフルエンザかなかなか判断がつきにくいと思いますが、身近に感染者がでた場合はすぐに病院で検査をしてもらいましょう。ここではインフルエンザの検査から治療薬のタミフルやリレンザについて紹介しています。

*

インフルエンザに感染したら

   

インフルエンザに感染したらどんな食事を摂ればいいの?

インフルエンザは、感染力が高いです。

感染したウイルスの型にもよりますが、インフルエンザに感染すると、高熱が出たり、全身に倦怠感が生じたりします。起き上がることすらままならない症状が出るのです。

身体がだるい際には食欲も出ないので、何かを食べるどころではないと思ってしまいがちです。

しかし、免疫力を高めて早く回復するためには、最適な食事が不可欠です。

普段ジャンクフードなどをメインに食べている方は、食事の内容を見直す必要があります。

まず、高熱が出ている際には、汗が出て脱水を引き起こす可能性があるので、経口補水液を飲みましょう。

食品は、身体を温めてあげると治りが早いので、温かいスープやお粥などが良いでしょう。身体が弱っている時には、消化に使うエネルギーを最小限にする必要なので、消化に良い食品を選びましょう。

油っこいものや、消化に時間のかかる硬い食べ物は避けましょう。

また、ビタミンを摂ると回復が早まります。フルーツもインフルエンザの際には有効な食事です。

インフルエンザに感染したらどれぐらい休み必要があるの

インフルエンザは一般的な風邪とは違い、非常に感染力が高い上に、症状が重いです。

学校では、インフルエンザに感染した場合、登校禁止期間を設けています。

発症してから5日、解熱してから2日間は出席できないのです。

また、発症して5日経過しても熱が下がらなかったり、一度熱が下がってもまた熱が上がってきた場合も、出席できません。

土日を挟まないと、長い間休みになってしまうので、普段からインフルエンザ対策を行いましょう。主な対策は、手洗い、うがい、マスク着用です。

また、社会人の場合も会社によって対応が変わります。

出勤が出来ない間、有給扱いとなる会社もあるのです。

休んでいる間の給与や有給の日数を心配して出社し、他の社員にインフルエンザを広めてしまったら、会社にとっては大きな損害になります。

インフルエンザは急に発症します。

流行のシーズンの前に、働いている会社の就業規則を見直しておくと良いでしょう。