インフルエンザに感染したと思ったら病院で検査!インフルエンザの検査から治療薬のタミフルやリレンザの飲み方について

インフルエンザかなと思ったら症状がひどくなる前に病院に行くのがベストです。症状が出てから48時間が断つと正確な検査結果が得られません。風邪かインフルエンザかなかなか判断がつきにくいと思いますが、身近に感染者がでた場合はすぐに病院で検査をしてもらいましょう。ここではインフルエンザの検査から治療薬のタミフルやリレンザについて紹介しています。

*

子供にインフルエンザの予防投与 リレンザの効果

   

インフルエンザの予防投与 リレンザの費用

一般的に、抗インフルエンザ薬は発症してから飲み始めます。

場合によっては、ある一定の条件を満たせば予防投与を行えるのです。

例えば、一度感染すると重篤化しやすいお年寄りや子供はその対象とされており、家族にインフルエンザに感染した人がいた場合なども受けられます。

薬を服用している間は、インフルエンザを予防できるのです。

その中でも、子供に対してはリレンザが処方されます。

リレンザを予防で用いる場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか?

リレンザの予防費用については、予防接種などと同じく保険適用はされず、自由診療となります。

したがって、年齢に関係なく、同じ金額がかかります。

値段は医療機関によっても異なりますが、おおよそ3000円です。

事前に医療機関に確認しておくのが良いでしょう。

リレンザは吸入薬です。

1日1回吸入するのを10日間続けることで予防効果が得られるとされています。

インフルエンザの予防投与 タミフルの費用

抗インフルエンザ薬タミフルは、予防薬として利用可能です。

特に子供の場合、受験などの前に感染しないように予防投与したい、あるいは、家族に感染者がいて子供に感染させたくないと考える親御さんは多いでしょう。

予防目的で内服する場合は、家族に感染者がいる場合や重篤化しやすいか、あるいは年齢が65歳以上などに限って可能とされています。

そのため、このような条件を満たしてない場合には、医薬品副作用被害救済制度の対象とならないため、副作用が発生した場合などに補償が受けられません。

しかし、予防効果のことを考えると、大事な場面では服用し、インフルエンザから身を守りましょう。

その場合には、自己判断で決めるのではなく、必ずかかりつけの医療機関で相談してから服用しましょう。