インフルエンザに感染したと思ったら病院で検査!インフルエンザの検査から治療薬のタミフルやリレンザの飲み方について

インフルエンザかなと思ったら症状がひどくなる前に病院に行くのがベストです。症状が出てから48時間が断つと正確な検査結果が得られません。風邪かインフルエンザかなかなか判断がつきにくいと思いますが、身近に感染者がでた場合はすぐに病院で検査をしてもらいましょう。ここではインフルエンザの検査から治療薬のタミフルやリレンザについて紹介しています。

*

インフルエンザか風邪かを病院で検査する

   

インフルエンザか風邪かを病院で検査する

インフルエンザの症状は、熱や鼻水、咳といったように、風邪と似ています。

周りにインフルエンザにかかっている人がいると、自分も感染したのではないかと自己判断してしまいがちです。

しかし、病院で検査をしなければ区別はできません。

病院では鼻などの奥の粘膜を綿棒でこすることで、ウィルスを確認し、発症したかどうかを調べます。この検査キットは医療機器なので市販されていません。

したがって、インフルエンザの検査をするためには、病院に行って検査をしてもらう必要があります。

インフルエンザはウィルス性の感染症です。

自己判断することはできない病気で、インフルエンザの検査には、病院に行く必要があります。

検査の結果は10分ほどで出るため、その場で結果を聞けるのです。

風邪よりも高熱が出るという特徴がありますが、場合によっては熱がそれほど出ないケースもあります。

発症したかもしれないと思ったら、自宅で寝て治すよりも、きちんと病院へ行って検査してもらいましょう。

インフルエンザの感染が確認できないと薬は処方されない

インフルエンザが流行る前に薬をもらっておけば安心だと考える人がいます。

しかし、処方薬は、インフルエンザの感染が確認できないと、処方できないのです。

確認は、病院で行う検査によってのみ分かります。

症状があらわれたからすぐに出してもらえるというものではないので、注意が必要です。

高熱があって、インフルエンザの疑いが強くても、まずは病院へ行き検査をする必要があります。その際、インフルエンザに感染していれば、薬が処方されるのです。

家族にかかっている人がいるので、念のための多くもらうことや、感染した時のために早めにもらっておくことは、できません。

感染したかどうかの判断は、医師が行うもので、自分ではできません。

受診して検査結果をきちんと調べることで、患者に合ったものが処方されます。

高熱が出ているときに受診するのは大変なことかもしれません。しかし、周囲に感染させてしまう危険性があるので、早めに通院しましょう。

インフルエンザは、発熱などの症状が出てから12時間以上たってから受診すると、正確な結果が得られます。